¥1,100~

Tahitiandance

​サービス概要

日本から直行便で約11時間。美しく碧い海に囲まれたひょうたん型の島がタヒチ島です。フレンチ領ポリネシア(通称タヒチ)は118の島と5つの諸島から形成され、どれも自然豊かな素晴らしい島です。

タヒチアンダンスの起源は諸説ありますが、宗教的な意味合いの強い儀式で踊られていた事が始まりとされています。そこからお祝い事や船出の時、仲間や家族と歌って踊る今のスタイルとなったとされています。タヒチアンダンスにはタヒチの伝統的な打楽器による力強いドラムビートで踊るOte'a(オテア)、歌詞を手とカラダで表現していくAparima(アパリマ)、Mehura(メフラ)があります。衣装も現地では天然素材を身に付ける事が多く、お花や草木を編んで作成するベジタル。Mehuraなどではドレスで踊る事もあります。

Rahauではダンスだけではなく音楽や衣装作成などタヒチの文化も大切にお伝えしています。

​アイタペアペア!

年齢が若くないから
こんな体系では踊るのが恥ずかしい
子連れで行くと迷惑かな

​何も心配せずに気軽に遊びに来てください!現地タヒチでは60歳以上でもタヒチアンダンスを楽しんでいますし、体系も子連れも全く気にしません​。Rahauでは実際に50歳以上のアシスタントが活躍していたり、インストラクターも子連れでレッスンに行くことがあります。

​タヒチ語にAita peapea(心配しないで)という言葉があるのですが、まさにその通りで心配ご無用です!

​表現って楽しい!

碧い海で力強くカヌーを漕ぎ、まだ見ぬ島を求め旅に出る…
大好きな彼女は花のように美しく優しい瞳で僕を見ている…
タヒチの自然は広大でこの大地は後世にもずっと受け継がれる…

​タヒチアンダンスにはテーマがあり、ダンサーはそのテーマをハンドモーションやステップ、表情などカラダ全部を使って表現していきます!歌詞のある歌(Aparima、Mehura)だけではなくドラムビートで踊るOte'aも同じです!振付を覚えるだけではなく、のびのびと自分らしい表現をしてほしい!それは見ている人の心にも響くあなたらしさに繋がります!

学びたい気持ちを応援

Rahauは会員さんからレッスンのアシスタントや衣装係、ミュージックリーダーなどタヒチアンダンスに欠かせない大切な分野について募集してお任せしています。

​​必ず全員にシェアをして、やりたい方が挙手していただく形をとっています。そこに年齢や性別、実際の経験は関係ありません。小学生でも50代でもチャンスは平等です。

​もっと学びたい気持ちを応援していきたい。やりたいならチャレンジしてほしい。それがRahauの願いです。